4月生まれの人の性格は?

4月生まれはどのような性格でしょうか?

4月と言えば春。天候も過ごしやすく、明るくフレッシュなイメージを持ちますし、何と言っても出会いの多い季節です。

4月生まれの人も、季節通りのほんわかした性格を持っているとか?

順番に見ていきましょう。

天然でほんわかした雰囲気

女性も男性も、4月の春生まれという事で、ほんわかした人が多いです。

例えるならば京都のはんなりとした感じで、天然な性格をしています。せっかちな人から見れば「ちょっととろくさいな」と思う事もあるでしょう。しかし、ふんわりほわほわした発言や行動には、とても癒されます。

動きが小動物のような人もおり、兎だったりリスのように、ちょっとだけ人見知りでビクビクしてしまう人もいます。知らない場所や人には緊張してしまうのです。

心に余裕があり優しい

4月生まれの人は、年度でいうと一番早い生まれです。

3月生まれの人とは約1年差があるというのもあり、小学生の頃から身体的に有利でそこから得た自信からか、堂々としている人が多いです。また、小さい頃に得た感覚を大人になるまで継続できている人は、『自分はできるんだ』という自負を持っています。

余裕をもって物事に挑んでいるので、周囲からは『優しい』と感じられるケースが多いです。

ストレス耐性がある

暖かい季節の生まれのせいか、ぼーっとしてしまったり、何か注意をひくものがあると、ふわふわと道草してしなうような性格です。

何か怒っているときも、ふとテレビを見たりして突然笑い出したりして、すぐに気分が変わります。嫌な思い出はすぐ忘れる。記憶は時間とともにすべていい思い出に塗り替えられていくようで、本当にストレスがたまらなそうです。

冬が終わり、春が来てすべてがうららかになっていくようです。ただ、自分でストレスをためこまないかわりに、周囲はそのときの感情にまかせて振り回し、そのときかけた迷惑を、本人は忘れてしまうのが困りものです。

考えるより先に行動する

4月は春分の日があり春という季節柄か、とても若い印象の方が多いです。

新しいことを見つけてきたり、立ち止まっていないで先頭を切っていくようなイメージです。思い立ったら吉日!のところもある4月生まれさん。

ワッとひらめいたらジッとしてはいられないのではないでしょうか。行動的でストレート、外に出ると明るい方が多いようです。

躊躇している暇もなく、考えるより前に体が動くような、そんな積極性を秘めています。

口は軽いが面倒見がいい

4月生まれの人はとにかくおしゃべりです。

口から産まれてきたといっても過言ではなく、相手が聞いていても聞いていなくても構わず話しかけてきます。

頭に浮かんだことは話したくてしょうがない、内緒の話なんかも他の人なら「内緒ね」と念を押さなくても良いことでも話すし、念を押したところで意味がありません。(お酒が入ると余計にひどくなります。)

ただ、リーダーのように頼りにされると色々面倒をみたり気を遣ってくれるし、グループのみんなのことを大事にする面倒見の良さもあります。

敵味方がハッキリしている

意思が強いので、自分がこれと決めたらとことんやります。

空気をよんだり、人に対しても気を使い、言いたい事を我慢する優しい面もありますが、反面プライドが高いので、絶対に譲れないものがある場合は絶対に引きません。

そのため、その人の周囲は敵味方がハッキリしている場合が多いです。

でも興味の無い物には優柔不断

4月生まれの人は物事を決める時に時間がかかることがあります。

特に自分の興味のないことに関しては面倒臭がる傾向にあります。逆に恋愛のような自分に直接関係あることには一途な一面があります。

好きになったらとにかく突き進みます。好きになられるより好きになる方が楽だと考えているようです。

自信が空回りすることも

4月生まれの人は、自信家が多く、自己評価が異常に高いです。しかし、4月生まれでも個々の能力はまちまち。

中には自分は何でもできると自信過剰で能力以上の物事を早合点でやろうとしたり、分かったようなことを言ってみるものの的外れなことだったり、自信満々だった割には全然できていないことも。

自信が空回りする人も中には居ます。