1月生まれの性格

1月生まれの人はどんな性格なのでしょうか?

1月と言えば1年の始まり。

そして鏡開きや成人式など、1年の中で最も気が引き締まる季節のためか、真面目な性格の人が多いイメージです。

順番に解説していきます。

基本的には真面目

基本的には真面目で仕事も一生懸命行うのですが、仕事で嫌なことがあった時は周囲の人へ仕事の愚痴を言ってストレスを発散させています。

自分の思った通りにならないと機嫌が悪くなったりすることも多いです。また話をすることが好きで感情豊かに話をします。

そして好き嫌いが激しく一度嫌いになった人とは二度と交際をしない傾向が強いと思います。

責任感が強い

1月生まれの人は周囲の状況を把握しながらも回りに振り回されることなくマイペースにコツコツしっかりと、物事をこなしていきます。

積極的、というわけではありませんが、頼まれると最後までやり遂げるという責任感が強い性格です。また、芯が強く何事にも慎重に取り組んで真面目に対応してくれるので信頼されてるタイプです。

困っている人に手を差し伸べる優しさと温かさがあります。

人間観察が趣味?

1月生まれの人は人間観察が趣味で周囲の人を細かく観察して分析しています。

誰も気がついていないような変化にすぐに気がついて指摘してくる観察力は素晴らしいです。ただし、その反動か相手にどう見られているかを極度に気にする傾向にあり、情緒が不安定になることも多いです。

さっきまで機嫌がよかったのに、突然泣いているような事もあります。

頑固な人が多い

1月生まれの人は頑固な人が多いです。

自分の世界観を大切にしていて、それが上手くいかないと、癇癪をおこすことも。『モノ』への執着、愛着が強く、他人から見たらガラクタにしか見えないようなものを大切にしています。

音楽を聞くことが大好きですが、同じ曲をエンドレスリピートすることが多いです。また食べ物の好き嫌いが多くて、決まったものしか食べません。目新しいメニューで変化をつけるより定番メニューが好きな傾向にあります。

自意識過剰かも?

自分から進んで前に出ては行かないけれど、誰に構ってほしい『構ってちゃん』タイプが多いです。

何事も自分ならば出来ると思っているので、ひとたび自分が活躍できる場になると必要以上に張り切ります。いかんせん、控えめなので集団の中では埋もれてしまいがち、個人プレイでは強気になります。

強がりな性格

いつも元気で、明るくしていますが、内心はすごく真面目で気が小さい場合もあります。

自意識過剰なため『カッコ悪い人になりたくない』という意識も強いです。時には理解しがたい強がりを見せることも。

寒い季節に生まれたせいか、『体の不調=格好悪い』の意識があり、風邪ひいているのにジョギングするなど強がりな性格です。

許容範囲のルーズさ

頑固で、真面目で、自意識過剰で、基本的に善人が多く、まじめですが、多少ルーズな面もあります。

たとえば、待ち合わせの時間に遅刻したり、出欠の返事がギリギリだったり。しかし、遅刻しても大きな遅刻はしなかったり、約束をすっぽかすような致命的なルーズさはなく、まあまあ許容範囲のだらしなさを持っています。

そしてどちらかというと几帳面ではなく大雑把です。部屋も一見片付いているようで、引き出しの中までは整理整頓されていません。