12星座中で一番信用できるのは射手座と言ってもいいでしょう。

裏表がなく、表現がストレート。

時にはその率直さが癇に障ることもありますが、決して悪意はないのです。

ですから射手座に褒められたら素直に喜び、批判されたらそこは改めておくのもいいでしょう。

そんな射手座・男性の性格や恋愛観を見て行きましょう!

ワイルドな面と知的な面をもつ魅力をもつ射手座男性

射手座はケンタウロスのケイロンが由来と言われています。

半人半馬で、人間の知性と動物の野性を兼ね備えている星座なのです。

その手には弓矢があることからもわかるように、性格は素直でストレート。考えるより先に思ったことが即行動に出ます。

そのためやや「空気読めない」と批判される向きもありますが、先に述べたように、それはお世辞を言えない正直さであり、だからこそ信用できるのです。

また射手座男性にはそのKYっぷりを許してあげたくなる無邪気さもあります。その点で言えばお得な星座であるといえます。

 

射手座男性の有名人

『射手座は素直でストレート』

と表現されることが多いですが、芸能人にはどのような方がいるのでしょうか?

順番に見ていきましょう。

織田裕二

射手座の特徴の一つに「正義感が強い」というのがあります。

織田裕二さんは射手座ですが、主演さた「湘南爆走族」と「踊る大捜査線」は一見真逆ですが、ベクトルの違いこそあれヤンキーにもヤンキーなりの「正義」があります。

種類の違う「正義」を射手座の織田さんは見事に演じわけそれぞれ大ヒット作品になりました。

 

ブラッド=ピット

ブラッド=ピットも1995年に刑事役として出演した映画「セブン」で好評を得て、自分自身もお気に入りの役だと言っています。

もともとの性格が正義感溢れる射手座なので、刑事役は向いているのではないでしょうか。

 

スティーブン=スピルバーグ

「ジョーズ」が世に出た時の反応は凄まじいものがありました。

斬新なカット割、スリル・スピード感はそれまでのパニック映画とは一線を画していました。射手座のスピルバーグ監督らしい作品ですし、それ以降もダイナミックな作品ばかりですよね。

ちなみに、よく比較されるジョージ・ルーカス監督ですが、ルーカスは牡牛座です。実は、射手座と牡牛座それと獅子座はライバルがいると燃えるタイプなのです。

射手座のスピルバーグとルーカスはお互いに切磋琢磨していたのだといえますね。

 

佐藤浩市、反町隆史、渡辺裕之、山下真司、世良正則…

枚挙に暇ありませんが、

射手座の芸能人はワイルドなイメージの方が本当に多いです。

また、そのようなエネルギーがあるからこそ芸能界で生き残っていられるということですね。

射手座の男性と付き合うには?

射手座男性野山を自由に駆け回る馬、そして獲物に狙いを定めてストレート…これが基本です。

束縛を嫌い、表現はストレート。だからちょっと浮気性だし、女性に対して辛らつなことも言えますが、これは悪気はありません。むしろ仲が良ければ良いほどズバズバ言います。

ですから射手座男性と付き合うには心を強く持っておいたほうがいいでしょう。

でも楽しいことが好きだし、話題は豊富なので一緒にいると楽しいはず!あなたを気に入っているからこその辛口なのでハイハイと右から左に流しておくくらいがちょうどいいのです。

そこを乗り越えたら楽しいお付き合いが続くはずです。