公務員の性格

公務員を目指す方の多くは、安定した収入仕事が無くなる事が無いと言う志望動機があります。

もちろん志高く公務員になる方も居ますが、安定型の思考回路をしている方が多い傾向にあります。

生活スタイルを変えない

公務員の人はキッチリとしている人が多いので、自分の生活リズムや生活スタイルを崩したがらない人が多いです。

何事にも計画的で予定を立てたがる『計画型』で、話し合いの時には変に理屈っぽい所が目立つことも。

本人の計画に乗ってあげると喜びます

ご機嫌をとるなら、なるべくう本人が立てた計画は乗ってあげましょう。

時間にも厳しい所があるので遅刻は厳禁。一緒に暮らしていたなら本人の生活スタイルを崩さないようにある程度気を使って相手より前に行動を心がけましょう。

少し疲れるのは仕方がありません。

一度でも裏切ると…?

公務員に対しては変則的な対応をしないのが無難です。

こちらが怒りっぽい性格や、嘘をつくような人は嫌がられてしまうでしょう。待ち合わせ時間にも遅れないようにして、信頼を失わないように努力する必要があります。

一度でも裏切る事があると…深い溝になってしまうかも。

プライドが高い

公務員試験を突破したことにステイタスを感じている人も少なくありません。

タイプは『民間の人間と上手く付き合おう』というタイプと、『民間なんて…』というタイプが真っ二つに分かれています。

割れてはいますが、結局は「俺は公務員だから。お役人だから。君たちとは違うし」という所に行きついてしまいます。

なので総じてプライドが高いのです。

境界線を感じたら『それまで』かも

もし、『君たちとは違う』ような境界線を感じたら、残念なことに親しいお付き合いはできないでしょう。

相手も見えない境界線を張っていますので、そこから先に入るまでのお付き合いは絶望的です。

仕事もプライベートも、つつかず騒がず、見て見ぬふり、が最良です。

お決まりの『上から目線』?

あまりに『上から目線』の態度を感じたら、とにかく下手に出る事が吉です。

変に対抗して上から目線に付き合っていると、決して頭の悪い相手ではないので、上手く丸め込まれてしまいます。

とにかく逆らわず、聞いたふりをするのが1番だと思います。時に自分本意の明らかにこちらに不利な事を言ってくる場合もありますが、それでも聞き流すのが長い目で見て正しい選択になることも。

<PR>公務員と付き合いたい?

『市民』とは歯車が合わない?

民間ではノルマや課題が山積みの場合は、時間を常に気にして効率的に手短に済ませようとするものです。

しかし、公務員の場合は時間に遅れても謝罪なし。急ぐということがサッパリなく、ボケッと待つ、時間が経つのを待っていて、時間が来たら帰る…ような悪い意味で『公務員らしい』振る舞いが多いことも。

お金に関しても、民間は利益とのバランスを見て決めますが、公務員は『お金は天から落ちてくるもの』とう感覚の人が多いのも事実です。

なにか歯車が合わない感覚に陥ることも多いのでは?

こちらが主導権を持ちましょう

公務員全ての人が『歯車が合わない』とは言いませんが、そんな時は適当に付き合って、受け流した方がストレスが溜まりません。

一緒に仕事を進める場合は、こちらが主導権を取って、手早く効率的に済ませた方が良いでしょう。

長く付き合うならOK?

公務員は落ち着いていておとなしい性格の人が多くて、一見すると覇気がないように見えます。

しかし、実際にはしっかりと物事を考えているしっかり人も少なくありません。そのため、恋愛の刺激としては物足りないかもしれませんが、長くお付き合いをするには最適な性格を持っていると思います。

リードは必要

公務員と上手く付き合うには、やはり相手側をリードする気持ちで付き合うことが大切です。

性格的に落ち着いているしっかり者が多いので、待ちの姿勢でいると何の進展もありません。少々強引なくらいが公務員にはちょうどいいのです。

仲良くなれば強い味方

根は真面目で常識人が多いです。

多少、冗談が通じなかったり、堅い性格だったりする人も多いので、仲良くなるまでにかなり時間がかかったりすることもあります。

ですが、情深いので一度仲良くなると信頼し合える仲になります。

深い相談はできないかも?

公務員の特徴として『融通の利かなさ』があります。

なので真面目に悩んでいることや、現状を打開したいというような相談に対しては当たり障りのない答えしか返ってこないことが多いでしょう。

人生を左右したり、深刻に悩んでいるような相談をする相手としては向いていないかもしれません。