子年女性の性格

ねずみ年生まれの女性は男性よりさらに柔和です。

人付き合いがよすぎて「朱に交われば赤く」なりやすいのは子年女性。だからこそ付き合う相手は選ばなければいけません。

そんな子年女性のよきパートナーになった男性は幸せかもしれません。その理由も一緒に、ねずみ年女性の性格についてみていきましょう。

十二支で一番モテるかも?愛嬌ふりまいてかわいい子年女性

ネズミのキャラクターといえば「トムとジェリー」のジェリーを思い浮かべる人も多いでしょう。子年の女性はまさにジェリーのように可愛くて、ちょっとくらい失敗しても大目に見てもらえる不思議な魅力があります。子年男性も相手に合わせることができるのですが、女性はさらに愛嬌をたっぷりふりまきます。

ただしそれは表面上だけのことで、実は男性の好き嫌いははっきりしています。嫉妬深いのも欠点ですが、それだけに夫には献身的に尽くします。ただし、良妻賢母タイプかというとそうではなくていわゆる「愛され妻」になる可能性が高いです。

子年生まれの女性有名人

吉岡聖恵

いきものがかりのボーカル・吉岡聖恵さんは昭和59年(1984年)生まれの子年です。

お目目がくりくりと大きくて、本当にジェリーみたい♪男性ファンも女性ファンも多い、いやむしろ女性ファンが多いのではないでしょうか。

誰からも愛されるシンガーですよね♪

山崎浩子

日本女子新体操をメジャーにした功労者の山崎浩子さんは昭和35年(1960年)生まれの子年です。

子年は物事の始めという意味あいもありますが、新体操がオリンピックの正式種目になったのも1984年、そう、子年です。山崎浩子さんはこの年に出場して8位入賞したあと引退。

子年の山崎さんが子年で初出場で引退というのは偶然とは思えません。

はるな愛

はるなさんは女性でいいですよね♪はるな愛さんは昭和47年(1972年)生まれです。

ご存じのように元・男性のはるなさんですが、子年男性の本来の「実行力」が発揮されて女性になりました。その後の女性としての活躍はみなさんの知るとおりです。なまじがさつな女性よりも女性らしいところがありますよね。

子年女性の攻略法

子年の女性は先に述べたように、好きになった相手にはしっかり尽くしますから積極的にアプローチするといいですよ。

スキンシップも好きなので、ベタベタしてあげると情が移りやすくなります。ただし、裏切られたら一生根にもたれるのでお気をつけて!