『あの娘、また変な男に引っかかったらしいよ』

いつか気付いてくれるはず…でも、ちょっと心配なので注意するべきか、放っておくべきか。

世の中にはダメな男ばかり好きになってしまう女性がいます。

そんな女性の特徴と付き合い方を紹介していきます。

ダメ男と付き合っている自覚が無い

ダメ男と付き合っている女性は、付き合っている男がダメ男だと思っていません。

私がなんとかしてあげなくちゃとか私がいなければ彼氏はなにもできないなどとダメ男に尽くしてあげようとします。

そういう人には、必ずと言っていいほどダメ男がくっついてきます。

『あなたが幸せならそれでいいんじゃない』と言ってあげるのが無難?

『その男はダメ男だからやめときなさい』なんて言ってしまうと、一瞬で友達の縁を切られてしまうかもしれません。

なので、『あなたが幸せだったらそれでいいんじゃない?』と言ってあげることが無難な対応かもしれません。

そういうダメ男を好きなる女性は『自分を認めてくれたと』思い喜んでいるのでそれで、それはそれで良いのではないでしょうか?

周りが見えなくなっている

ダメな男ばかり好きになる人は、一度か二度のデートで(というよりそれがデートだったのか分からないまま)『その気』になってしまい周りが見えなくなってしまいます。

ダメ男もダメ男で『君しかいない』みたいなことを言うのでどんどん泥沼に嵌っていくかのようです。

距離をおくようにアドバイスを

ダメ男の術中に嵌ってしまうのは目に見えていますから、仲の良い友人であるのなら少し距離を置くようにアドバイスしたほうが良いでしょう。

よく言えば純粋、悪く言えば単純。

捨てられて傷ついてしまうのは目に見えています…

誘われるとカンタンにOKしてしまう

ダメな男ばかりを好きになってしまう女の人は、誘われた経験がなかったり、そもそも恋をした経験自体が少ないどちらかというと奥手な人が多いです。

あまりモテない人が声をかけられると、つい浮かれてしまい、なんでもOKと返事をしてしまいます。

そして、周りがいっさい見れなくなってしまいます。

恋愛経験を話すと火に油?

注意を促す時は、決して自分の恋愛経験を自慢するような話をしない方が良いです。

恋愛の成功談を話してしまうと『私だっていい人がいる』とムキになって、ダメな男に一層のめり込んでしまいます。

客観的に、ダメ男の現実を伝えた方が良いでしょう。

良い彼氏に出会ったことが無い

ダメ男ばかりを好きになってしまう女性は、これまで理想の男性と付き合ったことがなく、女性に頼ってばかりのダメ男を、「自分を頼ってくれる唯一の男性」と勘違いし、ハマってしまうという特徴があります。

甘えん坊だったり、わがままな性格を、自分を頼ってくれているんだとポジティブな考えに変換している傾向があります。

親友ならハッキリ言いましょう

このような人には、『その男性がダメ男だ』と、はっきり言いましょう。

なぜその男がダメなのか、ちゃんと理由まで説明しないと、その人はもうその男性が好きで盲目になっているので、分かってくれません。

理由をしっかりと伝えることがポイントです。

その人が大切な友達なら、尚更分かってもらいましょう。

自分を良い女だと思っている

ダメな男ばかり好きになってしまう人の特徴として、「自分は良い女だと思っている」事が挙げられます。

しっかり者で稼ぎもあり、家事もテキパキとこなす上に面倒見が良く優しい。良い女ですね。

しかし、これに加えて「男を立てる」「優しく見守る」なんて素敵な要素が加わると、なぜかダメンズメーカーに変貌します。

なぜなら男は自分で立たなくても(自立しなくても)女が立ててくれるわけですから、自立するわけがありません。

しかし、こういう女性は「しっかり者で家事も出来て優しい良い女」だと自分のことを認識していて、そういう自分が大好きなので、この要素から外れて良い女から離れようとはしません。

適当に相槌をうつのもアリ

こういう女性は自分の「良い女観」に誇りを持っているので、何度恋愛に失敗しても、外野が何を言っても通じません。

恋愛観の前の価値観に問題があることに本人が気付かない限りはアドバイスは無意味なので、よほどDVなどの問題が無い限りは適度な距離感を持って接する方が良いでしょう。

情が深いので失恋すると大変傷付いて愚痴を言ってくるかもしれませんが、これも適当に相槌を打って流しておくのもありです。

自分が深入りしたくなければ、否定も肯定もしないのがコツです。

好きになり過ぎる人

ダメな男を好きになってしまう人は基本的に好きになりすぎる人が多いです。

好きになり過ぎたがために、本当は別れた方が良いとわかっていても別れる事が出来ないのです。

好きになり過ぎてしまってるという事にもあまり気づかないです。

『普通の人はそうしないよ』と言ってあげる

相談などを受けた時、本人は好きになり過ぎてしまった周りが見えていない可能性があります。

好きになり過ぎて、なんでも許してしまっていて、多めに見ている部分が多いので『普通の人ならそれは許さないよ』と優しく教えてあげるのが良いでしょう。

自分の存在価値が低い

何か相手にとって利益のあることをしないと、存在価値が無いと思っています。

自分が犠牲になって相手に尽くしていることをイヤだと思いながらも満足感を感じていまいます。

また、自分に優しい人や思いやりのある人の魅力に気付かず、ただ叱るだけの人や自分を頼ってくる、利用してくる人に魅力を感じてしまいます。

基本的に男性を中心に世界が回っているので、同性の女性は利用されたり、後回しにされる場合があります。

救ってあげるのは不可能?

褒められることが苦手なフリをしていますが、実際は母性本能であったり尽くす性格を褒められると喜びがちです。

男性からの被害を武勇伝のように話してくる場合は、ひたすら「大変だったね、頑張ったね」で通しましょう。

男性のために無理をする人が多いので、こちらにもお金や仕事面で迷惑がかかる場合があります。

あまり親身になって相談にのっていると痛い目をみることもあるので、その話題からは距離をとったほうが良いでしょう。

その人を救ってあげようと思うのは無駄。痛い目をみないと一生わからないでしょう。