すぐ怒る男性っていますよね。

怒りのスイッチがどこにあるのかイマイチ分からず、爆弾を扱うような感じで接するのはかなり疲れるものです。

自分の方が立場が上ならまだしも、下の立場だったとしたらゾッとしますよね…

そんなすぐに怒る男性はどんな性格なのでしょうか?順番に見ていきましょう!

プライドが高い

男性はプライドで生きています

すぐ怒る男性は特にプライドが高く、ちょっとした冗談でも馬鹿にされたと思い腹を立てます。

人の意見やアドバイスも、相手が自分のためを思って言ってくれるとは思わず、自分のやり方が否定されたと捉えてしまうようです。

男だから何でも完璧にできなければ恥、人の手を借りるなんて恥と思いながら気を張って生きているのでしょう。

そうして頑張っていれば心に余裕も生まれません。

なので少しでもうまくいかない事があると、それだけでイライラしてしまうのです。

自分を優先

すぐ怒る男性というのは、自分の気持ちに素直な人なのかもしれません。

ですが、筆者の個人的な見解としては、「ワガママ」の一言で片付けられます。

すぐ怒る人と言うのは、相手にも感情があるのを忘れて自分の気持ちばかりに目を向けています。

もしかしたら、怒った相手はその日他にも落ち込むような出来事があったかもしれない、気分が優れないけど明るく振る舞うようにしているのかもしれない。

そんな当たり前のことも忘れて自分の怒りを人に押し付けるのはいかがなものかと思います。

人間は誰しもが同じ価値観をもって生きているわけではありません。

相手の言動などが気にさわったとしても、怒らずして伝える方法はたくさんあります。

自分の気持ちだけではなく相手の気持ちも想像して伝えることができたらいいですね。

支配欲とストレス

すぐ怒る男性は物事に強いこだわりがあって人の意見に納得できなかったり、プライドが高いために自分の意見を曲げたり柔軟な対応ができなかったりして、人間関係で少なからず衝突を抱えています。

特にすぐ口が出る男性は単に自分を主張したいのではなく、周囲に影響を与えて、それらも支配しコントロールしたいという欲求が強いです。

普段は優しく温厚に見える人でも、本当は人の意見を受け入れられず、それを主張できない口下手たな人もいます。

そういう人も、その衝突や葛藤からストレスが溜まっており、身内には手に負えないほど怒りっぽい性格だという人もいます。

几帳面過ぎる

すぐ怒る男性は、細かいところまでこだわる完璧主義な男性も多いです。

例えば、掃除も細かいところまで綺麗にしたり、料理も主婦並にできて、仕事でもそれなりの地位を築いてプライドを持っている男性です。

そんな男性は毎日きちんとした生活を送っているので、女性にも高い基準を求めている人が多いです。

そのため、女性に対して欠点を見つけたり、許せない点を見つけてしまうとすぐに怒り出すことも。

例えば、だらしなかったりメイクに気合が入っていなかったりと、何か手を抜いていると感じると気になってしまうのです。

言い返すのは逆効果

些細なことですぐに怒る男性は、実は自分への自信がないという根本的な心の弱さを隠していることが多いです。

他者に対して怒りの感情を表すことで自分がいかに有利であるか、強いのかということを認めさせたいという深層心理があります。

裏を返せば、他人と比べられることに非常に打たれ強く自分に自信がないゆえに第三者の意見や介入を快く受け入れられないのです。

このような傾向のある男性は怒りを盾にして自分を守っているので言い返すのは逆効果になってしまいます。

このタイプの男性は些細なことでも褒めて自尊心を確立してあげることが必要です。「ありがとう。」「すごい。」「見なおした。」など自分に自信を持たせてあげるような言葉をかけてあげるようにしましょう。