マイナス思考で付き合っているとこっちまで気が滅入る…

構ってっちゃんモードがスゴイ…

あまり深入りするとこちらまで気分が暗くなってしまうと言われるメンヘラ系男子と上手に付き合っていくにはどうしたらいいでしょうか?

メンヘラ系男子の性格・特徴と接し方を紹介していきます。

他人にも神経質

メンヘラ男性は非常に神経質で考え過ぎてしまう傾向にあります。

むしろ、人が普通は気にしないような細かなことまで気になるがゆえメンヘラなのかも知れませんね。

厄介なのは他人のことも自分のことも気にし過ぎることです。その結果、疲れてしまって社会生活なども上手くいかなくなり、どんどん病んでいきます。

これが、メンヘラな男性の特徴で一風変わっているのです。

なので誰か自分の話を聞いて、自分のことを分かってくれる人を探している。

分かってくれる人には積極的になり過ぎる特徴があるかも知れません。

究極の『かまって』ちゃん

「この世の中で自分が一番悲しんでいる。」

「理不尽なことだらけ。」

「こんなに苦しんでいることを知ってほしい。」

メンヘラ男性は常にそんな想いを抱いています。

傍から見るとそうではないよと言いたくなるけれど、不幸アピールをすることで、誰かが共感してくれることを望んでいます。

自分に関心をもってもらいたい…』が、心の根っこにある人です。

会話のキャッチボールが上手く行かない

メンヘラ男性は自分に自信がないから病んでしまっているパターンが多いです。

コミュニケーションもうまくいかず、人と目を合わせないし終止おどおどして様子をうかがっています。

早口でマイナスの言葉ばかりしゃべるし、会話のキャッチボールがうまくいきません

共感すること以外は受け入れられないかも

メンヘラ男性と上手く接するには『共感』してあげることです。

例えマイナス発言を連発しても、決して否定しないことです。否定されると、逆ギレされてしまいます。

「そうか、つらいんだね。」

「そういうことを考えていたんだね。」

これで相手も少しは落ち着いてくれるでしょう。

でも、究極のかまってちゃんなので、本気モードで相談に乗ると、しつこくなります。

話を聞くだけでいいのです。

時間も束縛されるので「仕事が入っているから、〇時までなら話を聞けるよ。」とあらかじめ伝えるといいでしょう。

自分のために時間をつくってくれたことがうれしいと思います。

「自分のために、何かをしてよ。誰も何にもしれくれない。」がかまってちゃん特有の独りよがりです。

でも付き合うと疲れる

基本的には全ての物事や原因を病気のせいにして自分の事を棚に上げます。

そして通常の人よりも人間関係に過敏で尚且つ依存力が強い人が多いです。

また自分が落ち込んでしまいますとすぐに薬を頼りにして、現実逃避を行う人が多いです。

距離感が大切

基本的にはだらしない人が多いので関わらない方が良いですが、どうしても関わりを持って行くのならばあまり深入りはしない距離感を保ちましょう。

また自分自身が気が滅入ってメンヘラになってまう可能性が高いので息抜きを忘れずに。

何でも人のせいにする

メンヘラの男性の特徴は、失敗したり上手くいかないことがあると

  • 何が悪かったのか?
  • 次にどうすれば良いのか?

などの原因を追究せずに何でも他人のせいにするのが特徴です。

心が弱いので自分が傷つかないで済む理由を探すのが上手です。

頼られた先に攻撃対象に?

あまり近付きすぎると頼りにされ依存されます。それが進むと、次は相手を攻撃し支配するようになります。

善かれと思ってアドバイスをするのは、逆に他人のせいにする格好の標的にりますので、やはり絶妙な距離感を保つのがベターです。

すぐ気が変わる

メンヘラ男性はいきなり気分が落ち込んで愚痴っぽくなったり、いきなりキレて気分が昂ったり、かなりの気分屋です。

正直、こちらからすると『何が気に入らないのか、意図が分からない』ことが多いです。

それに気づかない周りが悪いと思っていたり、周りが振り回されたり結構面倒な思いをします。

『ギャグ』や『弄り』は通用しない

メンヘラ男性は自尊心が高いのでプライドを気づつけないようにしましょう。

あとは、ギャグが通じないのでいじったりは厳禁です。

人にノリを合わせるのも苦手なので集団行動の時はそっとしておきましょう。

寂しい時はかまってほしい素振りをするので、話題を振ったり気を使ってあげましょう。

中性的な感じ

メンヘラ男性は顔が中性的なのではなく仕草が中性的な人が多いです。

髪を弄ったり少しくねっとしたような歩き方をしてみたり、一つ一つの仕草が女の子っぽい感じがあります。

あと、女の子の友達が多いのもメンヘラ気質の1つに感じます。

他の男性と比べて落ち込む

メンヘラ男性は『元彼氏』など、別に比べる必要がない他の男性と自分のステータスを比較して1人で落ち込んでしまう傾向があります。

「自分なんて」というのが口癖で、自分のことを悲観的に考えてステータスを低めに考えてしまう方が多いです。

人と比べずに誉めてあげる

とにかく自信が持てるように、少しのことでも褒めてあげることが大切です。

その時に「他の人よりもすごい」という言い方をするのではなく、「本当にすごいね」など人と比べていないような言い方をすると悲観的にもなりにくいです。