嫉妬深い人の心理と性格

独占欲の塊?

嫉妬深い人には自己中心的な考えの人が多いです。

独占欲も非常に強くて、相手を「自分だけのモノ」とするので自分以外の誰かが現れると「自分のモノ」を盗られてしまうのではないか?と思い、それが嫉妬につながります。被害妄想も強いです。

距離を置きましょう

とにかく距離を置いて付き合うのが1番です。

付き合っていくうちに嫉妬深さが見えてきたら徐々に距離を置いていきましょう。自分のプライベートはあまり明かさず嫉妬の対象になるような存在を相手に知らせない事です。

それでも一緒にいたい!と言うのなら全ての趣味や人間関係を、相手の為に変化させる必要があります。

自信の無い人?

特徴として挙げられるのは、自分のことを好きでいてくれる自信がなくて不安の気持ちが強い人に嫉妬が出やすいです。

併せて束縛もしやすい傾向にあります。しかし、嫉妬しやすい人は相手にのめり込みやすいタイプが多いようです。

『恋人』の場合は不安にさせないこと

まずは不安になるような気持ちにさせないことが1番です。

嫉妬しやすいタイプの人は、自分の知らないところで何かしていると気になります。そこで、自分から誰とどこに行ったり話したりすることで相手が尋ねなくても済みます。

また、できるだけ『好きだよ』など言葉をかけることも安心感に繋がります。

恋人に依存してしまう

嫉妬深い人は恋人への依存心が強い人です。

一緒にいる時もいない時も、いつも好きな人のことばかり考えてしまうタイプで、一緒にいない時の恋人の行動が気になって仕方なく、嫉妬深くなったり疑い深くなったりしてしまいます。

1人でいる時も充実できるように

自分一人でも人生を充実させられる、楽しく生きれるようになってもらうことが一番です。

要するに『1人で居る時も充実してもらう』ことです。

一人でも楽しいけど、恋人がいたらもっと楽しいというように、一緒にいない時間は恋人のことを忘れてしまうくらい充実させ、恋人に依存しないことで嫉妬深さから開放されていくでしょう。

ねちっこい性格

嫉妬深い人はたとえば好きな相手に対しても行動をいちいちチェックしたり、詮索したりがおおくさっぱりしていません。ねっちこいわけですね。

疑い深く、負けず嫌いな部分もかくれています。いっけんそう見えない人でも嫉妬心は言葉のひとつにあらわれたりするものです。女性にも男性にもいえます。

適度な距離感を

ちょっと警戒し、相手に悟られない程度の浅い付き合いが好ましいです。

なにかと比較して、嫉妬心をもやすので共通分野をなるべく減らしたりあまり頻繁にあわずに適度な距離感が必要です。自慢のようにきこえる言い方には注意して控えめにいた方が賢明です。

面倒くさいが愛情の裏返し

やはり嫉妬は愛情の裏返しでもありますよね。嫉妬深いひとはそれだけ愛情も深いのではないでしょうか?

でも、それは独占欲でもあります。自分だけのものであって欲しいという気持ちが嫉妬という形になって現れてしまいます。

ウザがるのはマイナス

愛が他の人に向いてしまっているのではないかという不安な気持ちを安心させることでしょうか。

人間関係上、これは他の人にもするしその必要があるけど、これはあなたとしかしないと説明するなど。嫉妬をウザがって放っておいてしまうのが一番よくないでしょう。

劣等感が強い

嫉妬深い人の特徴として、自分と他者を比較してしまうといえます。

その結果、自分に無いものや自分ができないものを持っている人をついつい嫉妬してしまうのです。また、劣等感も強いため、自分が劣っていると思い込んでしまい、嫉妬の原因にもつながってしまいます。

『そのままでも良い』ことを認めてあげる

嫉妬深い人とうまく付き合うには、その人そのものを認めてあげることが大切です。

嫉妬は自信の無さからあらわれてくるものでもあるので、自信を持てるようになれば嫉妬心も和らいでいきます。他者と比較するのではなく、そのままで良いことを認めてあげると良いでしょう。