口が軽い女性

口が軽い女性って居ますよね!

『言わないでね』って言った事も、『え?ふつう、それ言わないでしょ…』って事も、本人が『絶対言わないから』って言った事も、すぐに他人に喋ってしまいます。

こちらとしては一体どんな心理?神経?してるのか疑ってしまいますよね。

この記事では口が軽い女性の心理・性格について解説していきます。

『絶対に言わないから』が口癖

口の軽い女性に限って『絶対、言わないから!』が口癖です。

自分が優位に立ちたいって思ってる人に多いです。

また、そういうタイプに限って、人が悩んでたり困ってたりするのを察知するのが早い。

気持ちが滅入っている者からしたら、この子に話すべきじゃない!と思っても、つい話してしまい、後で後悔。

口が軽い人って自分が間違ってるとか、悪いとかは全く考えておらず、『人の不幸話を聞いてあげてる、自分てチョーいい人!』と錯覚しています。

寂しさの現れ?

女性が口が軽いことは寂しさの現れであることも多いです。

寂しくて人の気を引きたくて、その結果人の情報を言うことによって他人の気をひいているのです。

その場合は悪気があって『誰かの秘密をばらしてやろう』と考えている悪い人なわけではありません。

また、そのような女性の性格は周りから見たら八方美人に見えます。

寂しがりやで1人になりたくないため、みんなにニコニコ笑顔を振りまきます。

そして多くの友達を得ることで、自分が1人にならないと安心したいのです。

ポジティブ??ただ空気が読めないだけ?

口が軽い女性は、友達を楽しませることが大好きで、とてもポジティブ、そして友達に囲まれていたいという願望が強いです。

「絶対に言わないでね」と友達に言われた場合はしばらくは黙っていることができます。

しかし、特に「言わないでね」という念押しがなかった場合はこれは言わないほうがいい話だという判断よりも先に、友達に話したら盛り上がると思ってしまいます。

もし話したことがばれたとしても「言わないでって言われてないし」と関係が悪化することはないと楽観的に考えるのです。

自分を評価してほしい?

いろいろなグループに属したい

口が軽い女性は、とにかくおしゃべりが大好きで、人のうわさ話をするのが楽しくてたまらない人です。

そういう人は、あちらこちらの、いろいろなグループに属して、いろいろな情報をキャッチするのが得意です。

そしてあるグループで秘密の情報を得ると、うれしくなってしまって、だれかに話したくてしかたがなくなるのです。

それで、ちがうグループに行って、「内緒なんだけど」とか、「これはここだけの話よ」などと言って秘密のことをばらしてしまいます。

良い意味で社交的、悪い意味で八方美人ですね。

自分の価値を認めてほしい

口が軽い女性の心理として、「自己承認欲求が強い」ということがあげられます。

つまり、「私はこんなことを知っている」「こんな秘密を知っている私に誰もが興味を持つに違いない」

そういった心理から、ついつい噂話や偶然知りえた秘密について他人にお喋りしてしまうんですね。

また、他人が知らないことを自分が知っている事に対して優越感を覚え、自慢してしまいたくなる心理もあるようです。

内心では「自分は価値がない」と思っていたり、なんらかの劣等感を抱えている人だったりします…

他人のことはどうでも良い?

口が軽いというのは、自分以外にあまり興味がないことの現れです。

相手のことを大切に思っていたら、内緒話をしてしまうと相手が困るのが目にみえますよね?

それを想像できなくて、自分の人間関係などを円滑にするために他の人の話を出して自分の地位を守ってしまう性格なのです。

そして、面白い相関関係ですが、プライドが高い人ほど口が軽い人が多いです。

自分では口が軽いとも思っていないし、自分を守るための手段として引き合いや話題に他の人をだしているだけなので口が軽い人は自分が口が軽いと思っていないのです。

そして、誰よりも幸せでありたい

口が軽い女性は結局のところ『自分が一番幸せだ』と思いたい人種です。

自分も悩みがあるけど、もっと深刻な悩みを告白されたら自分より不幸な人がいると認識します。そして、その話を他の人にも共有してあの人は不幸だとか自分は幸せなのだと再確認したいんですね。

誰にも言わないでといいながらつい口を滑らせる人というのは、ばらされた人にとって本当の友人ではないのかもしれません。

とにかく口の軽い女性は、「人の不幸は蜜の味」という言葉がぴったりかも?