バレー部の男子って野球部やサッカー部にはないカッコよさがありませんか?

どちらかというとバスケ部に近いような…?

フィールドこそ他の球技に比べて狭く、一見単純に見えるスポーツですが、その分強いチームワークが必要とされるスポーツです。

そんなバレー部の男の子ってどんな性格でしょうか?

仲間想いの熱血漢

バレーという競技は、自陣でボールを触れられるのが3回までと、他の競技よりも更にチームワークが大切になってきます。

なのでバレー部の男子は、仲間想いの熱血漢が多いです。

例えばチームの仲間が何か悩んでいれば、一緒に考えて解決していこうとします。

他の人から見れば少々熱血漢で暑苦しいと思えますが、それでも困った時には一番頼りになります。

そして声が大きい人が多いです。

発声してプレーを盛り上げる事もあるので、普段から自然と声が大きくなります。

髪型もスポーツ刈りが多く、爽やかな印象があります。

オンオフの切り替えはしっかり

『協調性が高い』と言われることが多いバレー部男子ですが、一方で練習とそれ以外の時のオンオフがしっかりしているタイプが多いです。

練習中はチームや仲間のためだけでなく、自分にもストイックに上を目指し『バレーひとすじ』とも思える面を見せます。

しかし、ひとたび練習が終われば思いっきり休む、遊ぶ、練習のことは一切考えないようなハッキリとした気持ちの切り替えをします。

これはバレーに関してだけでなく、恋愛や仕事でも言える場合が多いです。

部活を離れればフォロー役?

バレー部の男子は部活を離れるとフォロー役に回る性格の人が多いです。会話でもイベントごとでも、必要な時に必要な人への橋渡しがうまい気がしませんか?

まさに縁の下の力持ちタイプと言えるでしょう。

しかし、バレー部の男子は決める時は決めるというパワーを持っています。

議論が行き詰まった時や、告白の時など、しっかりと自分の意見を通すことができるのも、バレー部男子の性格と言えるでしょう。

陰で支えるフォロー能力と、自分で物事を決められるパワーを兼ね備えているのがバレー部男子なのです。

集団の中でも個性が光る

今人気のサッカーや野球を差し置いてバレー部に入る男子は強い個性を持っていると言えます。

他の球技と比べると競技のフィールドこそ小さいですが、ポジションそれぞれに必要な技術やパーソナリティがあって、一人ひとりの個性がそれぞれ輝けるのがまた格好良くみせるものです。

逆に言えば、あまり個性を出せないような集団に属していたとしても何か他の人とは違う

そんな存在感を発揮するのがバレー部男子です。

 努力家

バレー部男子は黙々と努力する努力家が多いです。

教室や授業では目立つタイプではありませんが、部活になると気合十分、頑張りはじめるタイプです。

また、バレー部男子は、真面目で、辛さを表に出すことをせず、物腰柔らかい男性が多いです。

バレーは一見単純なスポーツに見えますが、フェイントなどで視野の広さが磨かれているので、少しの変化でも気がつき、気遣いが出来る男性が多いです。

恋愛は奥手かも??

バレー部の男子は、チームワークを大切にします。なので個人プレーに走ったりはせず、自己中心的なことはしません

チームとして目指す目標があるので、基本は自分の事で一生懸命になり他の事に構っている余裕が無くなります。そうなると部活ばかりで、彼女のいる子は少ないかもしれません。

練習は朝早くから夜遅くまで頑張れるけど、授業や日常生活はなんだか辛そう…でも、冷たいとかそう言うんじゃなくて、話せばユーモア溢れる会話をしてくれるはずです。